にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

鳥取 大学 アパート マンション 不動産 賃貸 売買  エル・オフィス

鳥取大学 賃貸 アパート マンション ~ 鳥取大学近くの鳥取大学生向けの賃貸アパートマンションの紹介、鳥取県の売買物件の紹介をしています。

アスベストについて

昭和50年代くらいまでに、建築された鉄骨造の建物には、『アスベスト』が吹付けられていることがあります。この『アスベスト』は、結構厄介なもので、悩まされます。’’発がん性物質’’とかで、結構ニュースで取り上げられたりしているので、この物質の言葉を聞いたことがある人は、多いんじゃないかな!?不動産売買においては、宅地建物取引業者はこの『アスベスト』についての調査した記録があるかないかを『重要事項説明』で行わなければならないことになっています。その建物を買った人が、そのまま使う場合には、『アスベストについての調査した記録あるかないか』だけを説明すればいいのかもしれませんが。。。(一応、宅建法上は、それでいいとなっています。)

例えば、その建物が建っている土地を買った人が、すぐに建物を取り壊して更地にしようとする場合には、『アスベストがあるかないか』をきちんと調べておかないと、大きな問題になる場合があります。というのも、『アスベスト』が使用されていると、取り壊し費用が大幅に高くなって、『解体費用が、こんなに高いとは・・・』と、クレームになってしまうからです。解体業者に聞いたら、だいたい、普通の解体工事の2倍から3倍くらいかかるといわれて、ビックリしました。古い鉄骨造の建物を仲介するときは、事前に『アスベストの有無の調査』を行わなければ、安心できません。解体業者曰く、「『アスベスト』が使われているかどうかは、見ただけじゃ判断できない」そうです。昭和50年頃に、アスベストの吹きつけは禁止されているので、建物の建築時期で概ね判断はできるそうですが、断定はできないんだって・・・。

みんな、ちゃんと調査してます??